読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

VR中心、雑記ブログ

ブログ名は適当。あとで変えるかも。

4Kモニター感想(4Kモニターの文字表示画像追加)

4Kモニターが届いたので、早速設定して二画面で使っているのだけど、思っていたのと違った。思っていたのと違う点について、良かった点と悪い点をあげる。

悪い点。作業領域は増えない。100%にすれば、作業領域は相当増える。だけど、今回、27インチの4Kモニターを購入したのだけど、画面表示100%では、ほとんど文字が読めなくて、実用的ではない。顔をモニターに近づければ読めるけど、そこまでして作業領域は増やしたくない。ということで、150%くらいがちょうどいいかな、と思って使っているのだけど、150%だと、前のWQHDの画面と作業領域はほとんど同じくらい。なのでフルHDから移行する人は、恩恵があるだろうけど、WQHDからだと、作業領域についての恩恵はほとんどないに等しい。あと、予想していたことだったけど、1080pの動画は、少しぼやける。フルHDの動画を4Kに引き延ばしているのだから当然だな。

良かった点。文字がすごく綺麗。画素密度が緻密になったおかげで、150%表示だと、文字がものすごく綺麗に表示される。Windows10っていうのもあるだろう。ちょっと革新的に綺麗だ。(まあそれでも、Macと比べると、まだだな、とは思うのだけど。Macbook Air(非Retina)よりは綺麗で、Retinaよりは少し汚い、っていうくらいかな。)まあ、ものによっては、アンチエイリアスに失敗しているのか、少し輪郭がぼやけるものもあるし、そもそもこの緻密な表示に対応していないアプリとかもあるけど、全般的には綺麗。WQHDの画面から、ウインドウを4Kに移すと顕著にわかる。まあ4Kモニターでただ単に見るだけでも綺麗になっているのはわかる。100%はちょっと使用に耐えないくらい小さくなる、というのはあるけれど、125%にしないのは、125%だと、少し文字が汚くなるから。100%のドットバイドットだともっと汚い。150%以上がちょうどいいのだと思う。あとは、文字が緻密になったおかげで、Wordなどで、表示を小さくしても文字が綺麗に読める。なので、擬似的に作業領域は広がったとも言えるかもしれない。(でも正直、ある程度の表示の大きさがないと、やっぱり文字に「接している」ような感覚はなくなる。遠くから「眺めている」感じになる。これは、40インチとかのモニターならば、100%のまま、もっと大きく表示できると思うので(わからないけど)、そっちのほうが良かったかもしれない。)4Kの動画はものすごい綺麗。衝撃的。アイキャンディーという奴だ。

ということで、当初の目的のWordの作業領域を広げるというのについては、成功したのかしていないのか……結局は元のままの作業領域で書くような気がするけれど、まあでも文字が綺麗になったのは確実なので、それは良かった。

 

※2017/02/01追記

この記事から1年くらい経って、なんとなく4K(150%表示)とWQHD(ネイティブ)のモニターの画質を比べる画像を載せた方がわかりやすいかな、と思い立って改めて比べてみたのだけど、この1年で色々と変わったのか、WQHDでも文字の表示はまあまあ綺麗だった。もちろん、4Kの方が綺麗ではあるんだけど、特に気にする人以外には別にフルHDとかWQHDとかで問題ないんじゃない?っていうくらいには。ということで、一応画像掲載。

Edgeで表示したWikipediaの「夏目漱石」の項目の画像を一部拡大して大体同じくらいにしてみた。

4Kf:id:voya:20170201234326j:plain

WQHD

f:id:voya:20170201234336j:plain

 

まあ、拡大してみてみると結構違うんだけど、でも画面では多少離れて見ることになる。となると、これを気にしてモニターを買い換える、っていう人はまあそんなにいないだろう。

Macbook AirのモニターよりもMacbook ProRetinaの方が(あるいは、昔のiPhoneと今のRetinaiPhoneでもいい)くっきりと表示されるので色々と触っていて気持ちよい、というのは確かで、個人的にはその気持ちよさには数万円出してもいいと思っているのだけど、果たしてこの金銭感覚が普遍的なものなのかはよくわからない。

 

下の画像は4K(150%表示)モニターでWordのデフォルト(游明朝・10.5ポイント)で表示したものを一部拡大した画像。

f:id:voya:20170201234921p:plain

 游明朝はさすがに高解像度環境にすごくぴったりくる。印刷された文字にだいぶ近づいていると思う。

 

さて、4Kだけど、ネイティブで使うならば40インチ以上くらいは必要だと思う。作業領域が増えるのは単純に使い勝手が良くなるので、作業を効率的に行いたい人にはとても良いと思う。40インチ4Kならば単純に20インチのフルHD4つ分(だよね?)が表示できるので、つまり一つの画面内でiTunesを常に表示させ、アニメなどを流しながら、Evernoteを表示させつつ、ネットを見る、みたいなことができるわけです。(どれだけ実用的なのかはわかりませんが。)あとは、単純にExcelですごい領域が表示できます。

まあ私は作業領域はそこまでいらないから、文字が綺麗に表示された方が嬉しい、というタイプなのでこのまま27インチ4K150%表示でいきますが。

ということで、画像での比較でした。