VR中心、雑記ブログ

ブログ名は適当。あとで変えるかも。

色々

northwood.blog.fc2.com

Turing、結局Pascalの次で、その次がAmpereっぽいのか。それで、2018年第三四半期?

voya.hatenablog.com

上の記事で書いたとおり、こういう「噂」もあったんですが、わかんないですね。第三四半期まで次世代が出ないってのは、うーん、どうなんだろうか。まあいずれにしろ全部NVIDIAが公式発表しているわけでもないんで、結局TuringとAmpereの関係性も確定ではないですし、とりあえず3月のNVIDIA関連のイベント待ちですね。って、3月もうすぐじゃん!

 

 

www.moguravr.com

 

お、楽しみ。手が届く値段だと嬉しいけど、難しそうだなー。

広告を非表示にする

Ryzen 5 2600の性能は第1世代のシングル15%、マルチ31%アップ?

wccftech.com

 

Ryzen 5 2600らしきデータがGeekbenchにあったそうで、それによるとRyzen 5 1600がベースクロック3.2GHz、3.6GHzだったところ、Ryzen 5 2600ではそれぞれ3.4GHz、3.8GHzになっているようで。スコアがシングル性能でおよそ15%、マルチ性能でおよそ31%アップしているようです。さらにこれはおそらくサンプルなので、最終的な製品ではもう少し性能が伸びると予想されます。プロセスが14nm LPPから12nm LPということで、そんなに性能は伸びないんじゃないかとも言われていたのですが、普通にかなり伸びているっぽいですね。

Ryzen 3、7も伸びていると嬉しい……。

なお、次世代Ryzenは4月に発売予定であるとAMDは発表済みです。

NVIDIAの次世代ゲーミングGPUの名前はTuring?

www.reuters.com

wccftech.com

 

ちょっと前に「Ampere」についての噂が出たという記事を書いたのですが、その後ロイターが「来月、NVIDIAはTuringというゲーミングGPUを発表する予定」という旨をさらっと記事中に書いていました。これには海外のテック系メディアもちょっと混乱しており、いずれにしろ「ロイターがそういうって事は『噂』とかよりも確実性があるだろう」とは判断しているようなのですが、果たしてAmpereという情報が間違っていてTuringという名前のゲーマー向けGPUが出るのか、それともAmpereとTuringという2種類出るのかという予想をしているみたいですね。その場合、おそらくゲーマー向けがAmpereで、マイニング用のものがTuringという名前になるだろう、と。まあ、Turingはまず間違いなくアラン・チューリングから来ているので、ゲーム向けかマイニング向けかと言ったら強いて言えば一応マイニング向けっぽい名前の印象は受けなくもない。

これまでNVIDIAはマイナーにGPUを大量に取られるよりは、長く付き合ってくれるだろうゲーマーを重視したいという姿勢を見せていますので、ラインをわける事で幾分かゲーマーのGPU需要に応えるというのはそんなにおかしくない話だと思います。ゲームとマイニングで、必要な能力も変わってきますし。

 

とはいえ、これもまだよくわからん話ですね。来月発表されるみたいなんで、楽しみにしましょう。

 

追記:というか、チューリングつったら個人的には一番に浮かぶのはAIの人間らしさを判定する「チューリング・テスト」なので、AI開発用の新しいラインとかをわかりやすく名付けるとかの可能性もあるのかな?一応データセンター向けのものは今のところVoltaなんですかね?これも、ちょっと前にNVIDIAが「データセンター的に使うならデータセンター向けの製品買えよ。それ以外の使ったら規約違反な」って突然お知らせして反発買ってましたけど、今回のTuringと関係あるのかな。

 

 

関連記事

voya.hatenablog.com

 

【噂】NVIDIAの一般向け次世代GPUは4月12日に発売

wccftech.com

そろそろ次世代の時期ということで、「噂」が出てくる頃になりました。

「リーク」ではなく、あくまで「噂」らしいですが、NVIDIAが一般向け次世代GPUであるAmpere世代のGA104チップの生産を今月に開始し、メインストリームハイエンド(呼び名の区分けよくわかってなかったです、すいません)の製品(おそらくGTX 2080とGTX 2070という名前だろう)を4月12日に発売するだろうとのこと。

3月には、GDCもGTCもあるので、このどちらかでGTX 2080とGTX 2070が発表されるらしい。

なお、この噂によるとGP102はすでに大量生産が終了しているらしい。

 

ちなみに「え、Voltaじゃないの?Ampere?」という方もいらっしゃるかもしれませんが、去年の11月の時点で名称がAmpereになるんじゃないのという噂は出ていました。

voya.hatenablog.com

 

適当な話もたくさん出てくる時期なので、話半分程度で。

インテルがARグラス発表

www.moguravr.com

 

f:id:voya:20180206170848j:plain

 

これすごいなー。

見た目にはほとんど普通のメガネだ。この見た目と軽さを実現するために、単純な性能としては結構しょぼめ(網膜に映し出せるのは単一色の400×150くらい?)っぽいんだけど、でも下のような表示はできるっぽく、普通に役立ちそう。

f:id:voya:20180206171151j:plain

 

おそらく単純な性能とかよりも、現実的に「ウェアラブル」な点を重視したんだろう。現実にピントを合わせると表示は見えないらしいので、現実でまともに使えるような安全性とかにも配慮している。カメラもなくして、プライバシーの問題とかでGoogle Glassが一般向けに発売できなかったハードルもとりあえず除いている。

今年中に開発者版発売かー。AR、どんどん進んで欲しい。

www.moguravr.com

 

大手各社がARに取り組み始めているようで、とてもワクワクする。Amazonも参入するっぽいとなると、色々と勢力図がおもしろいことになりそう。2020年くらいには一般消費者が普通に手に届く値段に製品が出ていると楽しいだろうなー。

 

書き忘れた。Appleが本格的に参入するのならば、きっとiPhoneとの連携か、あるいはキャリアとの契約で、ネットに繋がったARグラスが出てくるはずだ。となると、屋外で実用的に使用できるARグラス、というとてもおもしろそうなものが登場する。ワクワクするなー。

「思考読み取り」さらに進む?

shiropen.com

 

おお、すごい。下の記事で紹介したものとはまたちょっと違うアプローチなのかな。

voya.hatenablog.com

いや、fMRIで云々ってのは同じなんだけど、下の記事の方はどうやら見ているものを文字にもしているっぽい。

とはいえ、上の記事の方が画像がそれっぽくできあがっているからずっとインパクトあるよな。すごい。色も付いてるし、とてもおもしろい。