VR中心、雑記ブログ

ブログ名は適当。あとで変えるかも。

Qualcommのスマホカメラの新技術がかっこいい

www.tweaktown.com

 

すごい。Qualcommスマホのカメラ関連の技術を発表したらしいのだけど、単純にこの映像がちょっとすごかった。

youtu.be

 

まあ深度カメラを使えばできることだっていうのはわかるのだけど、それにしてもスマホレベルでこんなことができるようになるとはなあ。(とはいえ、使っているのはタブレットのカメラだけど、処理をしているのはPCか何かだったりするのかな?)

 

次世代のiPhoneにもARなどの用途のために深度カメラがつくという噂だし、色々とおもしろい使われ方がするといいなあ。

Volta世代のGeForceは2018年Q1くらいに登場?

 昨日、下のエントリで9月頃にVolta世代出るかもしれないから出たら欲しいなあ的な事を書いたのですが。昨日の今日です。

voya.hatenablog.com

 

下の記事によるとNVIDIAGPUの生産を担当しているTSMCが、今年の末くらいから12nmの生産プロセスを(本格的に)始動させるよ、と発表したらしいです。

 

www.kitguru.net

 

Volta世代は12nmになるので、つまりおそらくVolta世代のGeForceが登場するのは早くとも今年末はおそらくないでしょう、2018年Q1あたりか、遅ければもっとあと、みたいな事になるみたいです。

それと、NVIDIAのCEOジェン・スンファンが、投資家達に「色々とおもしろいものはゲーマー達向けに準備しているのだけど、とりあえず今年のホリデーシーズンまではPascalが最高の製品でしょう」的な事を言ったらしく、まあVolta世代がホリデーシーズン(クリスマスから年末あたりの商戦期)以前に出る可能性は低そうです。

 

まあ元々Voltaは2018年登場予定という話だったところ、もっと早まるのかも?的な噂が結構流れたので期待していたのですが、早まるのはなさそうな気配ですね。まあわかりませんけれどもね。

【雑記】新しいグラボ欲しい

そろそろ新しいグラボが欲しいなあと思っているのですが、Volta世代の一般向けのグラボがそろそろ出る感じがあるので、ちょっと難しいですね。

下の記事は4月末に出た中国発の噂の紹介で、その時にはこの噂は海外含め色々な所で嘘くせえと言われてたのですが、マジっぽいですしね。

 

voya.hatenablog.com

 

改めてここで言われていた噂を載せると以下の通りです。

PascalのラインナップはTitan Xpのあとに、GeForce GTX 1030が出る
NVIDIAのこれまでのアップグレードサイクルであればVoltaの登場は2018年だが、NVIDIAは計画を変更した
・2017年第1四半期の市場の状況は悪く、グラフィックスやその他のハードウェアの売り上げは減少し、価格競争が起き、利益は減り、セールスも期待したようには伸びなかった(悪循環)
・最新の情報によると、NVIDIAGeForce 20xxシリーズを早めに、今年第3四半期に投入する
GeForce 20xxシリーズの製品価格や市場における位置づけなどは再計画される
・予想よりも早い投入を行うことで、彼らは価格を上げ、収益を増やすことができる

その後「GT 1030」が投入されましたし、Volta世代のTesla V100も5月に発表されました。(ちなみにPascal世代のTesla P100は2016年4月、その後2016年の5月に1080が登場しました。)ということで、この噂の信憑性はかなり高い感じなのですが、そうなると第3四半期(9月という噂があります)にVolta世代のGeForce 20xxシリーズが発売されることになります。さらに、この世代は値上げが行われるっぽい?ということになります。

ということで、とりあえず9月いっぱいまでは待ってみてもいいんじゃないかな、って思っています。値上げがされてうーんとなる値段になっても、まあ現行のPascal世代の店頭価格はおそらく下がるでしょうしね。(まあ性能の伸びと値上げ幅によってはPascalのお得感が出てほとんど変わらない可能性もありますが。)

 

でも新しいグラボ欲しいんですよね……。欲しいときが買い時ではあるのですが、あと1ヶ月ほどで新世代出るかもしれないのに買うのは……。まあおそらく待ちます。(いや、っていうかそもそもお金ないんでVolta世代でても即座に買うことはできないんですけど。)

AMDがNavi世代のGPUにAI専用の回路を搭載の噂

www.tweaktown.com

 

AMDの次世代GPUであるNaviには、NVIDIATensor Core的なAI専用の回路が搭載されるっぽいという噂が出ています。まあ、AMDとしてもAIブームを逃す手はありませんからね。

多分AI専用の回路が載せられたGPUがバリエーションとして加えられて、ゲーマーとか向けのはまた別の、ってことだと思うのですが。おそらく。

CPUとメモリーを積層構造にしたチップの試作品が登場

www.engadget.com

 

CPUとメモリーの間の通信の帯域が今後大きなボトルネックになっていくということで、それを解決するためにCPUとメモリーを積層構造にして一体型として作られたチップが、スタンフォード大学とMITの研究者によって試作されたらしい。カーボンナノチューブで作ったCPUを使っているとのこと。(なんか、シリコンでCPU作ると、メモリーを動作させるときの熱で壊れるので、カーボンナノチューブでどうたらこうたらということらしい。)

 

私はあんま詳しく読んでいないんですけど、興味ある方は↓のあたりの記事とかどうぞ。

www.kurzweilai.net

shiropen.com

 

パーマーが、Oculus独占タイトルをViveでも動くようにするReviveというプログラムを継続的に支援していたことが明らかになったようだ。パーマーが結構Facebook内で色々と不満持ってたんだな、ということがわかっておもしろい。パーマーはギークだから、きっと物事をオープンにすることの価値を信奉しているんだろうな。少なくとも、「Oculus独占」とかは本意ではなかったんだろう。あるいは、経営として独占で客を集めるのは仕方ないと思っていても、迂回路は用意して、わかっている人は遊べるようにしたかったのかもしれない。

shiropen.com

 

www.youtube.com

この上の動画は2016年初めのものだが、ワイヤレスに対応したよ、という記事。

 

すごい。この2016年のものを知らなかったのだが、すごいな。今のところ、個人で導入できるとは思わないが、この形はもしかしたら将来的にも基本形になるんじゃないか?とりあえず神経接続して脳内で歩いた感覚が持てるようになるまでは、やっぱり「VRで冒険を!」みたいな事言っても移動範囲が狭いっていうのはあるからね。多分これで移動してもまだ足下のトレッドミルの感覚に違和感とかあるだろうけれども、そのあたりは色々とこれまで開発された技術とか組み合わせたものをどこかが作ってくれれば、まじでVR世界を走り回れる時代が来るかもしれない。

これでFarpointみたいな事ができれば、超楽しそう。